【夜間や土日祝も法律相談可】【相談のみのセカンドオピニオン大歓迎】【24時間メール受付】

コラム

コラム記事一覧

弁護士のトリセツ

どこの地域の弁護士に依頼すればよいのか分からない方も多いと思います。ですが、基本的には、ご自身がお住まいになっている場所から近くにある法律事務所の弁護士がよいかとおもいます。判断基準として、まず裁判所の管轄があります。例えば、テーマにも記載させていただいておるとおり、訴えられて訴状が急に届いたケース...

≫続きを読む

 

スタートアップ・ベンチャー企業支援@京都

企業の事業活動においては、契約・交渉や従業員の労務管理、資金調達、紛争などが継続的に発生するものです。これらに対応するためには、紛争対応、知的財産権に関する知識、契約法務、労働法務問題、コーポレートガバナンスなど企業法務サポートが必要不可欠です。ビジネスを安定化させてこそ、次のステージに進むことがで...

≫続きを読む

 

プリベント少額短期保険のMikataについて

プリベント少額短期保険のMikataを利用されたいというご依頼者様から初めてご相談を受けました。なにぶん私も利用は初めてなものでしたが、丸山弁護士がイメージキャラクターとして宣伝がなされていることは知っていました。約款などが保険会社から送られてきたので、私なりに利用される方向けに注意して頂きたい点を...

≫続きを読む

 

【事業者必見】「弁護士が教える反社会的勢力からのクレーマー撃退方法」【基本要領】

0 はじめに−心構えと事前準備−(1)初期に毅然とした対応をすれば、流れに乗れるし、以後の気持ちに余裕ができる。逆に、初めの一歩を踏み出せなかったら、相手のペースに乗せられて、不当要求撃退の機を逸する。毅然とした対応を受けた相手は、不当用意急のシナリオが狂う。(2)不当要求に毅然と対処している間はあ...

≫続きを読む

 

契約書チェックを弁護士に依頼するメリット

@契約締結を急ぐあまり、何ら対処を施すこともなく交渉を進めると、あなたやあなたの経営する会社・店舗の重要な情報(取引先等)が流出したり、不正利用されかねません。契約締結前の交渉段階において秘密保持契約を締結する等をアドバイスします。pagead/js/adsbygoogle.js">(adsbygo...

≫続きを読む

 

弁護士費用保険まとめ(2017年12月版)

対象事故例補償対象事故保険の種類法律相談・弁護士費用補償内容他人によって体を傷つけられた。他人によって住宅や家財に損害を被った。偶然の事故によって次のいずれかに該当する被害が生じた場合において、被保険者(※)またはその法定相続人が被った損害に対して、この特約及び家庭用火災総合保険普通保険約款の期手に...

≫続きを読む

 

隣人と境界でもめた時の対応は・・・?

お隣さんとの境界トラブル発生・・・Aさんの家のお隣に住むBさんという人がいるとします。Bさんは、Bさんが所有するその土地を分筆して、Cさんに売却することとなり、測量が入ったところ、このとき境界をめぐるトラブルが生じました。その土地の一部(本件係争地)はAさんが長年自分の土地(お庭)の一部だと思って使...

≫続きを読む

 

【最新判例】【相続】東京高判平成27年8月27日

1 公正証書遺言につき、遺言者が公証人及び証人に対して遺言内容を具体的に語ることをしなかったもので、口授の要件を備えていなかったとして無効であるとした事例2 公正証書遺言の前に作成された自筆証書遺言につき、遺言者が遺言の意思を失っていたとして、無効であるとした事例「被相続人は、公証役場訪問前には高度...

≫続きを読む

 

個人再生の相談前のチェックリスト

自宅に住宅ローン以外の抵当権は付いていないか住宅資金特別条項(民事再生法198条1項)を定めることができるのは、住宅ローンに住宅ローン抵当権以外の担保権が存在しないことが要件とされています(同項但書)。自宅マンションの管理費の滞納がないかどうかマンション管理費については債務者の区分所有権及び建物に備...

≫続きを読む

 

介護事故に関する証拠

介護事故において、その事故が生じることがその時点において予見できたかどうか(「予見可能性」といいます)を立証する必要があります。そのためには、下記証拠を集める必要があります。介護サービス契約書・重要事項説明書平成12年4月介護保険制度開始により、介護サービスの利用が、従来の「措置」から「契約」へ移行...

≫続きを読む

 

【クーリングオフ】Twitter、インスタ、ラインからのアポイントメントセールス...

いわゆるSNS(Twitter、LINE、Messenger、Instagram)のメッセージ機能等により営業所その他の特定の場所への来訪を要請する方法をアポイントメントセールス等の誘因方法に追加され、このような場合クーリングオフできるようになりました(特商法2条1項2号、令1条1号、施行規則11条...

≫続きを読む

 

英文契約書の弁護士の活用

最近では、日本の企業も、法務部や社内弁護士(インハウスロイヤー)の体制を整え、英文契約書案のチェックを行うことはそう特別なことではないようになってきました。しかし、企業の規模や、取引の規模によっては、まだまだそのようなことが難しいか、実践していないこともあります。長い英文契約書の翻訳を弁護士に依頼し...

≫続きを読む

 

借地借家法の適用される建物所有を目的とする土地賃貸借契約

建物の所有を目的とする土地賃貸借契約の場合には、借地借家法が適用され、賃貸期間の定めがない場合には、その期間は30年とされますので、期間の定めがない契約というものが存在しません。また、期間の定めがある契約において、賃貸人が中途解約することができる条項を規定したとしても、その規定は無効です(借地借家9...

≫続きを読む

 

建物明け渡しの強制執行

@不動産明渡の執行申立債務名義正本の送達証明申請をし、送達証明書を入手します。執行費用は債務者の負担になりますが、執行予納金を予め納付する必要があります。執行官が申立書や必要書類の受付と審査をし、受理されれば、執行予納金の保管金提出書が交付されます。執行官との面接票が交付されるケースもあります。A執...

≫続きを読む

 

土地明渡のご相談

私は地主です。賃借人は建物を建ててそこに居住していましたが、地代滞納のまま死亡し、現在は空き家となっています。賃借人には複数の相続人がいますがそこに住む気もないようです。空き家を放置するわけにはいきませんが、取り壊しをするためにはどうすればよいのでしょうか?また滞納していた地代も請求したいです。全相...

≫続きを読む

 

公害トラブル

騒音や振動などの公害トラブルについてどのように対処すべきでしょうか?京都市の場合は以下のルートが考えられます。公害苦情相談公害苦情の申立及び相談は、保健所、環境局環境保全部、市民総合相談課、区役所地域振興課が窓口となります。保健所では現場調査を実施し、改善などの指導、助言を行ってくれます。公害紛争処...

≫続きを読む

 

破産と管財人について

破産財団所属の不動産で税務署の差押登記があり、任意売却に非協力的なときはどうなるのでしょうか?本来、ローン・抵当権付きの不動産に租税債権の差押登記があっても、抵当権が租税債権に優先します。しかし、租税債権者は滞納している租税債権を完済しない限り差押を解除せずに任意売却に支障をきたすことがあります。こ...

≫続きを読む

 

法律事務について

訴状提出の流れ訴状提出のための書類の準備訴状・書証は相手方の人数分の副本が必要委任状・資格証明(=登記事項証明書)は原本(場合によっては写し)1通のみの提出用意する書類訴状(正本1部+被告の人数分)書証(正本1部+被告の人数分)委任状当事者に法人がいる場合=資格証明(代表者事項証明書)不動産に関する...

≫続きを読む

 

弁護士費用の明朗化・柔軟化

そもそも今抱えておられる問題が弁護士に相談するべきか依頼するべきか躊躇されるかもしれません。弁護士費用は、「気軽に相談・依頼できるような金額ではない」と感じるかと思います。その理由は「そもそもその問題の解決には弁護士が必要なのかどうかが分からない」「弁護士に依頼するとどういった結果となるのか?」 な...

≫続きを読む

 

中小企業の株式譲渡・株価計算

取引相場のない株式の評価について、中会社の場合、類似業種比準方式と純資産価額方式との併用方式で評価する。財産評価基本通達では、純資産価額方式によって取引相場のない株式を評価する場合の純資産価額は、課税時期における資産および負債によって算定することを原則とする。したがって、仮に課税時期が事業年度の途中...

≫続きを読む

 

婚姻費用分担審判の流れ

■婚姻費用分担審判の流れ調停委員会(裁判官1人と調停委員2人で構成される調停の運営主体)は、婚姻費用分担調停で夫婦が合意する余地がないと判断した場合、調停を不成立で終了させます。調停が不成立で終了するときは、夫婦が同時に調停室に呼ばれます。調停が不成立で終了した後、自動的に審判に移行することとなりま...

≫続きを読む

 

不動産賃貸業のM&AとDD

不動産賃貸業のM&A及びDDを行う際の資料請求は以下のようなものが挙げられるでしょう。会社の設立・組織・株式に関する書類・定款・社内規定(取締役会規則、株式取扱規則、監査役規則)・設立関係書類・商業登記簿謄本・株主名簿・株券(株券発行会社の場合)・株主間契約・法律上作成が要求される議事録(株主総会議...

≫続きを読む

 
馬場総合法律事務所
弁護士 馬場充俊
〒604-0931 
京都市中京区二条通寺町東入榎木町97大興ビル3階
TEL:075-254-8277 FAX:075-254-8278
URL:http://www.bababen.work

 
HOME 弁護士紹介 費用・取扱業務 ご相談の流れ コラム アクセス メール予約