【夜間や土日祝も法律相談可】【相談のみのセカンドオピニオン大歓迎】【24時間メール受付】

弁護士馬場充俊の労災問題解決の特長

 

弁護士馬場充俊の労働災害解決における特徴は以下の3つがあります。

災害発生直後からの相談が可能です。
事業主との交渉を依頼者に負担を掛けずに行います。
土日祝の相談に対応可です(要予約

 

1.災害発生直後からの相談が可能です。

弁護士馬場充俊は、これまでに相当数の、労働災害に関する法律相談をお受けして参りました。これまでの経験を通じて、法律知識だけではない、事業主との交渉のポイントや労災保険の給付申請のポイントを押さえています。また社労士との連携もとることができます。
相談の多くが災害に遭われた直後で、何をどうしたら良いか分からない、どのような賠償を受けられるかわからないということです。災害に遭われた直後の方から、親切丁寧にご対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

2.事業主との交渉を依頼者に負担を掛けずに行います。

事業主は業務中における労働者の身体等の安全を確保する義務(安全配慮義務)があります。しかし、中小企業を中心に、大半の現場で従業員の安全に対して、十分な配慮がなされているとはいいがたい状況があります。
労働災害に遭ったら、労災保険の給付が可能です。また、事業主に安全配慮義務違反が認められれば、事業主への損害賠償請求が可能です。当事務所のこれまでの経験からの判断ですが、労災事故の場合、事業者の安全配慮義務違反が認められないケースよりも、認められるケースの方がとても多いように実感しています。
とは言っても、これまで勤務をしてきた企業(事業主)に対して、被害者が自ら交渉することは簡単ではありません。弁護士馬場充俊にご依頼いただくことで、企業側の責任発生の判断から、事業主との交渉の一切を弁護士馬場充俊が代理で行います。災害に遭われた被害者の方が事業主と交渉するということはありません。
弁護士馬場充俊にご依頼いただくことで、対等に事業主と交渉をできるので、適正な補償を受けられる可能性が高まります。

 

3.土日祝の相談もおうけできます(要予約

弁護士馬場充俊は、労働災害被害者の方を一人でも多く救済したいという思いから、土日祝日の相談を受け付けております。またお怪我で動けない場合も出張相談できます。弁護士費用はこちらをご覧ください。


発生から解決までの流れ


業務中に事故に遭われたら治療を最優先してください。また、業務中や通勤途中の「交通」事故の場合には、警察や保険会社へも連絡する必要があります。事故発生時の事実関係を把握しておくことも重要です。

事故が起こったら労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をする必要があります。会社が労災の申請をしない場合は労働基準監督署や専門家にご相談することをおすすめします。

会社側が提示する賠償金額が明らかに低い場合や、事故の責任を全否定し賠償金の支払いに応じてこない場合があります。弁護士馬場充俊に依頼をしていただくことで、使用者との対等な交渉が可能になります。

会社との交渉が成立しない場合には、裁判によって最終的な賠償金額を争うことになります。使用者の安全配慮義務違反や不法行為について争います。

 

会社との交渉・裁判によって、労災被害者の適切な賠償の獲得を行います。

労働災害を弁護士に相談するメリット

 
↑詳しくはクリックしてください↓
 

 

 

 

京都労災相談室記事一覧

労働災害(労災)を弁護士に依頼するメリット

労災保険を利用し、補償給付をサポートします労働災害にあってしまい、労災保険の申請をしようとしても、事業主がその申請を拒否してくることがあります。その理由の大半は保険料を支払っていない、労基署の立入りが怖いなどの事業主側の事情があるからです。労災保険の利用は労働者の権利ですので、労働災害に遭ったらすぐ...

≫続きを読む

 

労働災害問題でお悩みの皆様へ

労働災害にあっても、会社が労災隠しをすることや、労災であると会社が認めていても、なかなか労働基準監督署に労災申請してくれない場合が多くあります。労働災害にあった場合、被害者の肉体的ダメージのみでなく、会社の対応が悪いなど、いろいろなことで悩むことが多いものです。このような場合、一人で悩むよりも、労災...

≫続きを読む

 

会社との交渉をあなたに負担をかけずに行います

会社には、働く人々が労働力の提供をする全過程において、働く人々の生命、健康等の安全を配慮する義務を負っています。しかし、悲しいことに中小企業を中心に、多くの労働現場において、働く人々の安全が確保されていない実態があります。会社に安全配慮義務違反がある場合、働く人々は、労災保険金の受領はもちろんですが...

≫続きを読む

 

労働災害について

労働基準法は、働く人々が労務に従事していたことによって被った死亡、負傷、疾病に関する補償制度を設けています。そして、これを受けて、労働安全衛生法は労働災害を次のように定義しています。すなわち、労働災害とは、「労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等により、又は作業行動その他業務に...

≫続きを読む

 

弁護士に相談するタイミング

あなたが労災事故で怪我をされた場合、できるだけ早く弁護士に相談する必要があります。労災事故にあった場合、治療、労災保険の申請手続の対応や、使用者との交渉など、あなたのやるべきことは多く、どのようなことをやったらよいのか迷うことが多いと思います。又、「自分にも過失がある。」からとの自責の念から、労災保...

≫続きを読む

 

通勤災害で知っておきたいこと

@会社にはJRで通勤すると届け出ていますが、電車代を節約するために自転車で通勤していました。自転車での通勤途中交通事故に遭いました。A会社の帰りに、夕食を買いにスーパーマーケット(英会話スクール)に寄った後、冬で凍った通勤通路で転倒して骨折事故を負いました。このような事例で労災保険は使えるでしょうか...

≫続きを読む

 

よくある質問

労災発生時に使用者が労災保険に未加入のケース 労働者を1人でも使用する事業主は、個人経営の農業、水産業で労働者数5人未満の場合、及び個人経営の林業で労働者を常時には使用しない場合を除き、強制適用事業として労災保険制度の適用を受け、加入の手続をとり、保険料を納付しなければなりません。 保険料は、全額、...

≫続きを読む

 
馬場総合法律事務所
弁護士 馬場充俊
〒604-0931 
京都市中京区二条通寺町東入榎木町97大興ビル3階
TEL:075-254-8277 FAX:075-254-8278
URL:http://www.bababen.work

 
HOME 弁護士紹介 費用・取扱業務 ご相談の流れ コラム アクセス メール予約