借地借家法の適用される建物所有を目的とする土地賃貸借契約とは?

借地借家法の適用される建物所有を目的とする土地賃貸借契約とは何でしょうか?

建物の所有を目的とする土地賃貸借契約の場合には、借地借家法が適用され、賃貸期間の定めがない場合には、その期間は30年とされますので、期間の定めがない契約というものが存在しません。

 

 

 

また、期間の定めがある契約において、賃貸人が中途解約することができる条項を規定したとしても、その規定は無効です(借地借家9条)。

 

したがって、借地借家法の適用される建物所有を目的とする土地賃貸借契約の場合には、賃貸人からの期間中途解約はできません

 

馬場総合法律事務所
弁護士 馬場充俊
〒604-0931 
京都市中京区二条通寺町東入榎木町97大興ビル3階
TEL:075-254-8277 FAX:075-254-8278
URL:http://www.bababen.work
トップへ戻る